トラスコットの懐中時計

アクセスカウンタ

zoom RSS レ・ミゼ感激!3

<<   作成日時 : 2005/12/19 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いつまで続くんだ…と思いつつもまだ続く『レ・ミゼラブル』トーク。
16日夜の回は山口祐一郎バルジャンでした。客席(というか、両隣のお客さん)からは「祐一郎様を見るわよ!」って熱気が噴出していました。が、私は山口さんが歌いだした瞬間ズッコケそうになりました。「本気でやってるのだろうか!?」と。バルジャンの歌い出しとか空気が締まるはずなのに、なんか違う。司教さんとのくだりも独白も動きがおかしい。本気で演技してるのか・・・?調子悪いのかな・・・?何故このシーンでこの動き・・・?ってのがいっぱいでした。途中真面目なシーンなのに意図してるとしか思えないぐらいコミカル動作だったので真剣に笑いそうになったんですが、両隣のお客さんはキラキラした目で真剣に山口さんを見つめていたので「元々ああいう演技演出なのかな・・・?」と自分を納得させたんですが、物語が進むにつれて徐々に不自然な動きがなくなってよくなっていきました。じゃあ始めのわけのわからんテンションと動きはなんだったんだ!?
うーーん、歌唱力もオーラもあるけれど何故か響いてこない〜。私の中のバルジャン像と合ってないのかなぁ。惨めでも慈悲深くもなくって人間くさい部分は少なく格好が良く爽やかにさえ感じるナイスガイ・バルジャン。ってかそれってバルジャンじゃなくて山口祐一郎じゃん!なるほど!
レ・ミゼだからダメだったのかもしれません。だって、実際劇団四季のCD『オペラ座の怪人』の怪人役は最高ですし、『モーツァルト!』の大司教役も良かったんですよ!
うん、あんだけ名が売れてる役者さんなんだから、実力はあるはずですものね。私が観た日だけおかしかったのかもしれませんしね。
28日の昼の回にまた観に行くことになりました。狙ったわけではないんですが16日夜の回とほとんど同じキャストです。今度はどんな演技を見せてくださるのやらドキドキです。そして、今度はハプニングなしで感動したいなぁ。そして、他のキャストも観たかったなぁ・・・また観に行こっ。
前回はS席で見えにくかったんですが今度はA席。ちょっと上から惨めな人々を観に行ってきまーす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、ヤギと申します。
レミゼ大好きです。大阪に遠征してしまいましたが、それも終わってしまい、皆さんのブログを拝見して余韻に浸っています。

山口さんのバルジャン、そう感じましたか。
山口さん、エリザベートのトートで
すごいなぁ〜と思って
レミゼを観たら、イスからずり落ちそうに
なりました。
私もまったく同じ意見なので
うれしくてコメントしてしまいました。
また遊びにきます。

http://blog.livedoor.jp/yagiyumi999/
ヤギ
2005/12/20 21:03
はじめまして、ヤギさん!
大阪にわざわざ遠征に!?それはお疲れさまです!
同じことを思った方が居たと知れてとても嬉しいです。あんまりにも客席が山口祐一郎熱気に溢れていたので一瞬「あれでいいのかなぁ」と思いかけていたところでした。
是非また遊びにきて下さいね!
trunscot
2005/12/20 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
レ・ミゼ感激!3 トラスコットの懐中時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる